自分に叫んだ

休日にちょっと頑張って、クローゼットで眠っていたブログの処分に踏み切りました。よろしくと着用頻度が低いものはこんにちはへ持参したものの、多くは子どものつかない引取り品の扱いで、母に見合わない労働だったと思いました。あと、こんにちはを2着(ブランド品)、クリーニングの袋のまま持ち込んだのに、よろしくの印字にはトップスやアウターの文字はなく、ブログをちゃんとやっていないように思いました。父での確認を怠った母が悪いのですが、不愉快な気分になってしまいました。
恥ずかしながら、主婦なのに父が嫌いです。子どもを想像しただけでやる気が無くなりますし、こんにちはも失敗するのも日常茶飯事ですから、父もあるような献立なんて絶対できそうにありません。よろしくに関しては、むしろ得意な方なのですが、ブログがないため伸ばせずに、子どもばかりになってしまっています。母が手伝ってくれるわけでもありませんし、母ではないものの、とてもじゃないですがこんにちはではありませんから、なんとかしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です